忍者ブログ

こんまり流お片付け体験記

近藤麻理恵先生のときめきお片付けに共感! 綺麗な部屋に住んで、お友達を呼びたい! そんな想いを胸に秘めながら、2歳の子供と格闘しつつ、 片付け祭りに挑みます。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

化粧品の整理

今日は、化粧品を整理した。 本当は、まだ小物に手をつけないはずだったが、突如として、お友達が来ることになった・・。
小物の山は、主人の部屋と和室に山積みになっている。
リビングは、紙類やら小物がごちゃごちゃと・・・・・。
重い腰をあげ、小物に手をつけた。

まずは、あちらこちらに置いてある化粧品からはじめた。
鏡台・和室の小物の山・洗面所・・・・。
すべてを取り出し、一ヶ所に広げる。⇐これ大切!
そして、分別。

第一に「古くて使用しないものは、捨てる」
第二に「代替できそうなら、捨てる」
「これ、何かに使えるかも~」 という考えが何度も頭をよぎる。
その度に、「代わりはこれを使えばいいし」と言って捨てた。
スーパーの大きめレジ袋1つ分は、ゴミとなり、 和室の小物の山のうち
化粧品のダンボール1つはなくなり、洗面所の籐カゴ1段があき、すべて鏡台に収まった。
けれど、なんだかまだ無駄なものがあるようで、すっきりしなかった。

今、こうやって書いていて思うのは、 長く、こんまりお片付をしていなかったせいか、
「ときめくかどうか」で片づけられなかった・・・。(反省)

きっと“ときめくもの”だけになっていたら、もっと気持ちがよかったのかもと思う。
つい「もったいないなー。使うかもしれないなー」という気持ちがでちゃった。
「代わりになるものがあれば、あきらめて捨てる」と思ってやっていたから、疲れ倍増したのかも。
「ありがとう」と感謝の言葉をかけていたら、もっと気持ちよくできたかもしれませんね・・。
やっぱり、「ときめき」必要だなー。

そういえば、60歳の母は、「ときめき」がわからないと言っていた。
「ときめき」って若い頃の感覚かな?
「ときめき」 とは
・(その物を)素敵!と思う
・(その物があると)嬉しくなる・幸せな気分になる そんな感じかな、
と思います。
化粧品の整理、もう一度やりたくなってきました。


化粧品の節約には、是非、自分のパーソナルカラーを知ると、良いと思います。
メイク講座を受けた際、茶が好きな私は、全く反対のウインターカラー(ブルーベース)が似合い、
母も自分の好きな色とは真逆のオータムカラーが似合う色でした。
自分のお肌が綺麗に見える色を知っていると、無駄買いも減るはず!





PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  

おすすめ

ブログ内検索

プロフィール

HN:
yuramam
性別:
非公開
自己紹介:
収納下手のため、少しでも綺麗な部屋に住みたいと、整理収納アドバイザー2級を取得するも、自らの捨てられない症に悩む。
子供が生まれてからは、さらに家の中に物が増え、床が見えない状態に近づく。
TVでこんまり(近藤麻理恵)先生の片付けをみて本を購入。

綺麗な部屋に住んで、お友達を呼びたい!
そんな想いを胸に秘めながら、小さな子供と格闘しつつ、お片付け頑張ります。

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新トラックバック

最新コメント

バーコード

Copyright ©  --  こんまり流お片付け体験記 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]