忍者ブログ

こんまり流お片付け体験記

近藤麻理恵先生のときめきお片付けに共感! 綺麗な部屋に住んで、お友達を呼びたい! そんな想いを胸に秘めながら、2歳の子供と格闘しつつ、 片付け祭りに挑みます。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

物の多いおうち~棚の中を整理

さて、棚の整理のお話。


<収納棚の中を全部出して行ったこと>

1.期限切れや使わないもの、壊れたもの、ときめかないものを捨てる


「これ何かに使うかも~」は、捨てます。
物を手に取った時、「何かで代用できないかな?」と考え、「代用できる」場合には、その物は不要です。

洗剤も大量にありました。古いものや今の生活に不要な洗剤は捨てました。


2.箱入りの物は、箱から出すか、箱の外からでもわかるように!

引き出物などが箱に入ったまま棚を占領していました。
まず、すべてを開けて、気に入ったお皿などは、「もったいない」と思わず、普段使うようにキッチンへ移動。
保存していても「家賃」がかかるのです。気に入ったものはどんどん使い、気に入らないものをどんどん排除しましょう。
ときめかないもの、不要なものは、捨てる。
残しておきたいものは、箱の外からでもわかるように。

引き出物だけでなく、実は日常の生活でも、同じことが言えるんです。
ダンボールに入った飲料水も、ダンボールから出して収納する。
5つセットのティッシュのビニールも、初めから外してから収納する。
「箱」って案外場所をとるんですよね。


3.同じ物は、一ヶ所に集めるように
下の棚に洗剤があり、上の棚にも洗剤があったら、下の棚に移動します。
「すべ~る」も、他の部屋にある「工具ばかりの引き出し」に移動。
「棚の中から出して、捨てるものを捨てて元に戻す」のではありません。
捨てる以外に、「自分の決めた物の場所に移動する」のです。

たとえば、トンカチが出てきたら、「工具の引き出し」へ。
水枕が出てきたら、「薬の引き出し」へ移動させます。そうして、同じ種類のものを一ヶ所に集めます。

4.使い勝手を考えて、物を再配置

次回します^^














PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  

おすすめ

ブログ内検索

プロフィール

HN:
yuramam
性別:
非公開
自己紹介:
収納下手のため、少しでも綺麗な部屋に住みたいと、整理収納アドバイザー2級を取得するも、自らの捨てられない症に悩む。
子供が生まれてからは、さらに家の中に物が増え、床が見えない状態に近づく。
TVでこんまり(近藤麻理恵)先生の片付けをみて本を購入。

綺麗な部屋に住んで、お友達を呼びたい!
そんな想いを胸に秘めながら、小さな子供と格闘しつつ、お片付け頑張ります。

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新トラックバック

最新コメント

バーコード

Copyright ©  --  こんまり流お片付け体験記 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]